塾に通う時期

個別指導塾などの学習塾に通うのは基本的に学生の時期です。
小学生、中学生、高校生という学生の時期がありますが、どの時期に学習塾に入る人が多いのか、ということについて説明していきます。

小学生で塾に通う子供は少ないと思われがちですが、小学6年生なると37パーセントという子供が塾に通っています。

中学生になると高校受験が控えているので、塾に通う数も増え1年生では40パーセント以上、3年生になると60パーセント以上とほとんどの中学生が塾にかよっています。
高校生になると中学の時の学習よりも深くなるので、授業に集中していないと学力は一気に落ちてしまいます。
公立の高校では31パーセント、私立では50パーセントとなり、塾の他にも予備校に併用して通っている学生も多いです。

admin@

View more posts from this author